2012/06/30

2012年6月30日

ここで終わる、ユヴェントスとの契約期限が今日切れる。
新しい知らせではないけれど、“公式に”という事実は、いずれにしても心を打つものだ。
僕にとって、悲しい瞬間では無く、後悔もノスタルジーも無い。
少なくとも、もう無い。
なぜならここ数日、僕のビアンコネーロでの最終節でのすべての出来事を再び考える機会があったから。そしてそこから過去に思いを巡らせると、僕が描く事のできた最高の夢がよみがえるから。
全ての思い出、全ての喜び、全ての勝利、そして言い残さずに言うならば、最近のいくらかのほろ苦さ…今日、これら全ての情景が僕の頭をよぎり、そしてそれらはトリノにおける僕の最終戦での、並外れたあの情愛の中に薄れ、そして解けていく。
それはまるですべてを包み込んだ情景写真で、5月13日以来僕の心に刻まれた写真、いつも僕と共に連れていきたいスナップ写真。決して消し去る事の出来ない…。


ちょっと前、バカンスに入る前に、練習場のあるヴィノーボでロッカーを空にし、練習場から出て行く時、ある場所に立ち止まった。数ヶ月もの間、雪の中、雨の中、寒さの中、炎天下の中、皆さんが、写真を撮るため、サインのため、ただ挨拶するために僕を待っていてくれた…あの場所に。
でも今回は僕が、いつも皆さんがしてくれたように、皆さんに挨拶を、そして感謝したいと思う。


選手は代わっていき、ユヴェントスは存続し続ける。僕の同僚達は残る訳で、彼らには最善を祈っているし、これからも彼らをいつも応援するつもりだ。それこそユヴェントスである皆さん、ファンの皆さんも存続する。僕が何の制限も、条件もなく尊敬し、熱望し、愛し、これからも永遠に愛し続けるだろうあのユニフォームも存続する。
僕の後に、あのユニフォームを他の誰かが身につけられる事を嬉しく思う。特に、名前が数字の上に書かれるようになってからは僕の名前をいつもつけていた背番号“10”のユニフォームは。
来年からそれを身につけるであろう選手を嬉しく思うし、イタリア、また世界のどこかで誰かがそのユニフォームを身につける事を夢見ているということを嬉しく思う。そして彼らが、僕が他のカンピオーネ達、他の見本、他の伝説を繰り返すことを望んだように、僕の歩んだ道と同じ道を歩むことを望むとしたら、それを誇りに思う。

明日からは、もうユヴェントスの選手では無くなるけれど、いつまでも皆さんの一員で居続けるよ。

今、また他の冒険が始まる。そして僕にはちょうど19年前の夏と同じように、力がみなぎっている。

さようなら、皆さん。色々とありがとう。
アレッサンドロ



14 件のコメント:

  1. 本当に寂しい限りですが、これからのユーヴェの躍進、そして何よりもアレの再スタートを応援しています。

    返信削除
  2. どこにいっても、いつまでも応援してます!
    Grazie Capitano!!

    返信削除
  3. これからもユーヴェと、そしてアレの活躍を心から祈っています。
    たくさんの夢と希望をありがとう。

    返信削除
  4. 思い出と、たくさんの感動とゴールをありがとう♪
    いつまでも、ずっと応援してる☆
    あなたは自分にとってサッカーそのものです☆

    返信削除
  5. アレ、ありがとう!ずっとずっとあなたは僕らのカンピオーネです!

    返信削除
  6. どこへ行っても応援します。

    返信削除
  7. いつだって応援してますよ!!頑張ってください!!!

    返信削除
  8. ずっと応援します!!

    返信削除
  9. 夢をありがとう!!そしてこれからも応援してます!!

    返信削除
  10. ありがとう。アレッサ!

    返信削除
  11. 私の中ではいつまでもユーヴェの10番はあなたです。
    この先の活躍も期待しています。
    Forza!!Alessandro!!

    返信削除
  12. どこへいっても、いつでも、応援しています!ユーヴェでの貴方を忘れることは決してありません!


    Grazie!!Grazie!!Alessandro!

    返信削除
  13. JUVEから去るのは悲しい出来事ですが
    新天地ではアレのファンタジスタとしての
    自由なプレイを見られそうでそれが楽しみです

    返信削除
  14. ありがとう!
    あなたは一生僕のヒーローです!

    返信削除